人材事業者様へオススメしたい売掛金前払いサービス

>

人材事業者様へオススメしたい売掛金前払いサービス

はじめに

本稿では、人材派遣業界に付随する業界動向を端的に述べます。その上で、業界独自のお金の不足原因から、それに適した現金調達方法である売掛金前払いサービス(ファクタリング)のご提案をさせていただくための記事となっております。さらに、本稿ではサービスの競合他社である銀行やカードローンとの比較を交えた上で、より売掛金前払いサービスの方が適していることを論理的かつ明快に示します。

人材派遣業界の動向レポート

人材派遣会社は、全体的に業界規模も拡大中であり成長率の高い業界であるといえます。この背景には、国内での深刻な人出不足が原因にあります。また、企業からの人材確保の採用も活発化しています。このような状況が後押しして、市場は堅実に推移しています。今後もこの動向は、続いていくものだと考えられます。
しかし、企業の「働き方改革」の推進や、同一労働同一賃金制度の義務化などの法改正もともなって、業界全体の変化が訪れるだろうと予測されていることも忘れてはいけません。

新型コロナウイルス感染症の人材派遣業界への影響

新型コロナウイルス感染症の影響で経済は摩耗しています。そのため、当業界は一時的な停滞をしているものの、長期的な視野で捉えると、労働人口の減少から需要の増加は考えられます。というのも、コロナ禍による失業は増加傾向でありますので、今後は医療系や介護職を中心にさらなる人材の移動が予想されています。具体的には、東京都と大阪府で、医師や看護師の不足が騒がれています。

人材派遣業界だからこそオススメしたい売掛金前払いサービス

人材派遣業界は、景気に左右されやすい業界です。そのため、景気が下向きになっている中では、人材派遣会社の現金調達は困難になると指摘されています。こういった中で安定的に資金調達する方法を選択することが適しています。それが売掛金前払いサービスなんです。売掛金前払いサービスとは、人材派遣会社がお持ちの売掛債権を買い取ることで、その手数料を差し引いた額をお支払いする仕組みのことです。そこで比較対象となる銀行との比較を行います。

銀行でお金を貸し渋る理由

銀行は、全ての会社を格付けしています。格付けの尺度は融資した結果返してくれるかどうかです。ここで銀行からの融資が受けられるかどうかが決まります。融資が決定したとしても融資額は希望額に達するかどうかはまだわかりません。企業が銀行からお金を借りるときに、銀行から求められるのが資金繰り計画書です。資金繰り計画書は、お金の使用用途と返済の財源が記載されていなければなりません。抜けなく漏れなく簡潔に作成することが求められます。しかし、銀行の場合は、銀行融資は、融資が受けられなかったり、希望額に達しない場合があります。それは事業計画書を隅々まで見られて現実という尺度で測った結果です。不景気の現在、財布の紐が固くなるのはどこの業界も同じです。銀行もその例外ではありません。
人材派遣会社が資金調達をしようと考えると真っ先に浮かぶのが銀行であると思います。

売掛金前払いサービスは融資ではない【見出し3】
銀行での資金調達の場合は、銀行融資と比較されることがあるのですが、こちらは「融資」に該当しません。なぜなら、売掛債権の買い取りを行うためです。古本屋に本を売ったとします。その時にお金と本を交換します。これが「融資」や「借金」に該当するでしょうか?もちろんしませんよね。それと同じ簡単なロジックです。融資ではないということのメリットは、いくつかあります。まず、借入履歴などには含まれないため計上する必要がないという点です。それは、今後事業拡大や上場申請などをする際に、有利に働きます。なぜなら、銀行は事業計画書のほかにお資金繰りの計画書をみます。過去の履歴も当然判断材料にしています。その際に他社からの借り入れがあれば当然不利に働きます。しかし、売掛金前払いサービスの場合は、資産の売却にあたるため計上の必要がありません。結果として、銀行からの大口の融資が通りやすくなります。ですので、手数料の問題さえクリアすれば、むしろ資金調達は売掛金前払いサービスに一本化した方がいいとさえ言えるのです。そして、注目していただきたいのが、アクティブサポートの場合、手数料が業界の中でも極めて安いという点です。業界最安値である1%〜の手数料になっております。そうである以上、利用方法によっては銀行よりもお得に現金調達ができます。

まとめ

人材派遣業界の動向の分析から、現在の景気はコロナ禍によって不景気になっていることがわかります。そのため、景気に左右されない確実な現金調達方法の確保をしておく必要があります。その最良の選択肢として売掛金前払いサービスがあります。